自動車盗難防止協会とは?

   ・自動車盗難防止協会とその目的

   ・当協会の活動内容

自動車盗難の現状

   ・資料による自動車盗難・車上荒らしの現状

   ・狙われやすい車種

   ・増え続けるカーナビ盗難

自動車盗難被害に備えて

   ・狙われやすい駐車環境を知る

   ・盗難の手口を知る

自動車盗難に備えて事前に予防策を

   ・自分でできる予防策

   ・専門のショップへ依頼

リンク集

 

 

●   狙われやすい車種

    1:トヨタ・ハイエース
    2:トヨタ・ランドクルーザー
    2:トヨタ・セルシオ
    4:スズキ・ワゴンR
    4:トヨタ・クラウン
    6:トヨタ・マークX
    7:ダイハツ・タント
    8:三菱ふそうキャンター
    9:ホンダ・ステップワゴン
    9:スバル・インプレッサ

日本損害保険協会が2009年11月に調査した資料を参考にしています。
ハイエースは近年車両盗難被害のワースト1が続いていますが、背景には部品が手に入りやすい、解体が比較的容易である、耐久性があるなどの理由から海外へ分解して輸送されているようです。
盗難の傾向としてはイモビライザーが装着されていない車種・モデルが被害に合うケースが多いですが窃盗団の手口も巧妙になり、純正セキュリティーなどが装着されている場合でも被害にあっているケースも報告されています。
上記以外でもトヨタ ハリアートヨタ アリスト、その他軽自動車についても狙われる事が多いようです。

NPO法人 
自動車盗難防止協会

〒816-0912
福岡県大野城市御笠川5-4-6
TEL :070-4080-1005
FAX :092-503-5492
E-mail info@tounanboushi.com


九州自動車道太宰府I.Cから約1.2km、福岡都市高速大野城ランプから約1.2km