自動車盗難防止協会とは?

   ・自動車盗難防止協会とその目的

   ・当協会の活動内容

自動車盗難の現状

   ・資料による自動車盗難・車上荒らしの現状

   ・狙われやすい車種

   ・増え続けるカーナビ盗難

自動車盗難被害に備えて

   ・狙われやすい駐車環境を知る

   ・盗難の手口を知る

自動車盗難に備えて事前に予防策を

   ・自分でできる予防策

   ・専門のショップへ依頼

リンク集

 

 

●   盗難の手口を知る

・車両盗難

車両ごと盗むという大胆不敵な盗難です。朝駐車場にいって車がない状況を見ても、車を盗まれたという現実をすぐに受け入れられなかった・・・という被害者の体験談を聞くと、いかにその犯行が用意周到に行われているかを実感させられます。

最近では車両盗難を防ぐための”イモビライザー”装置が普及してきているにもかかわらず、さらにその上をいく犯行手口ですでに純正のイモビライザー装置は有名無実化しています。

イモビライザーのない車では、ジャックナイフなど何らかの工具を使ってキーシリンダーを無理やりまわしてエンジンを始動したり、映画のように配線を直結してエンジンを始動するなどすることもあるようです。
計画的な犯行としては、事前に合鍵を用意して車を盗む場合もあります。合鍵をオーナーに気づかれないうちに製作して車検証をコピーし、それを俗にいう闇のルートで販売しているグループもあるようです。
イモビライザー搭載の車輌にしても、窃盗団に合鍵を作る技術を持った人物がいて複雑なイモビライザーシステムも難なく解除しているようです。
最近普及してきた”キーフリーシステム”ではすでに鍵が必要なく、プッシュボタンでエンジン始動できます。オーナーが持っているリモコンと車のコンピューターがIDを合わせることでセキュリティーを解除するシステムで、複雑なアルゴリズムを使用しており通常は簡単に解除できません。しかし、それを簡単に行うツールがネットオークションなどで安価に販売されていて、それを手に入れることでキーフリーシステムの隙を付き合鍵を作ってしまいます。そうすると、鍵は必要ありませんからあっという間にエンジン始動です。ピッキングでドアを開けてからエンジン始動するまで1分かからない車種も少なくありません。
最近の顕著な例として、窃盗団は幅広い車種を盗むというよりは特定の車種に狙いをつけて一晩に大量に盗むという事件がよく報道されています。

NPO法人 
自動車盗難防止協会

〒816-0912
福岡県大野城市御笠川5-4-6
TEL :070-4080-1005
FAX :092-503-5492
E-mail info@tounanboushi.com


九州自動車道太宰府I.Cから約1.2km、福岡都市高速大野城ランプから約1.2km